ジンベエザメやシャチ、クジラやラッコのいる水族館・動物園情報

世界中のジンベエザメに会える水族館。シャチやラッコ、クジラのいる水族館・動物園情報

水族館

イトマキエイのいる水族館

投稿日:

トビエイの仲間。イトマキエイとは?

イトマキエイ(糸巻鱏、糸巻鱝、学名Mobula japonica)は、トビエイ目トビエイ科に属するエイの一種。
成長すると体の幅が約3mになるトビエイの仲間。
頭部に胸鰭から派生した1対の頭鰭(とうき)を持ちます。
平時は頭鰭をくるりと巻いており、2本の角のように見えます。
同様の頭鰭をもつナンヨウマンタやオニイトマキエイに似るが、これら2種の口が頭部の先端に位置しているのに対し、イトマキエイの口は先端よりやや腹側に位置していることから見分けることができます。

現在、世界中でイトマキエイを観察できるのは、海遊館のみです。

海遊館

「海遊館」は1990年にオープンした世界最大級の水族館。
8階建てのビル型であるため敷地面積としてはそこまで広くはありませんが、8階すべてが水族館なので広いです。こんな水族館の形式は異例です。
この海遊館のイトマキエイがいる「太平洋」水槽はとてつもなく巨大です。
その水量は5,400トン。
なんと、8階建ての水族館の中央に、水深9メートル、最大幅34メートルもの大水槽が配置されているのです!
建造当時、世界の年間生産量の約1.5倍にあたる、314トンものアクリルガラスが使われたそうです。

ダイバーにもとても人気なイトマキエイ。
高知県土佐清水市に「大阪海遊館 海洋生物 研究所 以布利(いぶり)センター」を設置し、地元の漁業関係者の協力を得て、大型海洋生物の飼育下研究を行っています。
イトマキエイも対象種で、特に今回は健康管理のためのトレーニングを行い、船の甲板に直径8mの大型水槽を設置して、イトマキエイが自由に泳げる状態で高知県から大阪までの長距離輸送を行いました。
自然界での発見も稀であることや、餌付けが難しいことから、世界中の水族館でも飼育したものの餌付けに至らなかったため、今回海遊館が餌付けに成功し、展示に至った例は世界でも初の快挙なんだそうですよ

「太平洋」水槽では、太平洋の豊かな生態系が再現されています。
ここで、イトマキエイとジンベイザメの泳ぐ姿が見ることができます。
頭に2本の角のように糸巻き状のヒレを突き出しながら、羽ばたくようにゆっくりと優雅に泳ぐイトマキエイの姿が人気を集めています。
宇宙船の飛行姿勢のようなSFチックな姿と評判です。
体幅は2.2m

水族館の名前 海遊館
住所 大阪府大阪市港区海岸通1

こんな記事も読まれています

-水族館
-

執筆者:

関連記事

ミズクラゲのいる水族館

インスタ映え☆幻想的なクラゲ ミズクラゲとは? ミズクラゲ(水海月)は、鉢虫綱・旗口クラゲ目(ミズクラゲ目)・ミズクラゲ科に属するクラゲの一種です。 日本近海でも最も普通に観察できるクラゲである。傘に …

シロイルカ(ベルーガ)がいる水族館【日本編】

ベルーガのいる水族館は日本で5か所 シロイルカ(ベルーガ)のいる水族館は、日本で5か所あります。東京・関東の方は、鴨川シーワールドや八景島シーパラダイスがおすすめです。名古屋・東海地方、少し遠いですが …

ホホジロザメがいる水族館

ホホシロザメとは? ホホジロザメは、体長4mから6m体重680kgから1000kgを超える大型の肉食系サメです。大きな個体でなんと11メートルのホホジロザメの観測報告もあります。主に温かい海から冷たい …

セイウチのいる水族館

北極海の王者「セイウチ」 セイウチは、食肉目セイウチ科に分類される鰭脚類で、大きくて長い牙が特徴です。 パッと見、アザラシやトドに似ていますね。 セイウチのシンボルである長い牙は犬歯が伸びたもので、オ …

タコクラゲのいる水族館

タコに似てる!?タコクラゲとは? タコに似た外見からその名がつけられ、体内に褐虫藻が共生する為に褐色になっています。 褐虫藻はクラゲの体内で光合成を行い、その産物の一部をクラゲが利用します。 傘に触手 …