ジンベエザメやシャチ、クジラやラッコのいる水族館・動物園情報

世界中のジンベエザメに会える水族館。シャチやラッコ、クジラのいる水族館・動物園情報

水族館

ジュゴンのいる水族館

投稿日:2019年4月10日 更新日:

人魚のモデル?ジュゴンとは?

ジュゴンは、体長が2.5m~3mあり、とてもゆっくりしたスピードで泳ぎます。昔から人魚のモデルとして有名で、寿命は50年から70年です。ゆっくり泳ぎながら海草を好んで食べる姿は、人魚というより牛に近いです。しかもアマモなどの海草を1日で数十キロも食べるんです。実は、歯の仕組みが像などに似ていることから像の祖先とジュゴンの祖先は同じではないかとも言われています。

生息数が減少してしまい、群れで行動することがまれになってしまいましたが、昔は数百という大所帯で行動することもあったそうです。泳ぐスピードは通常時速3キロ程度で胸ビレを使い泳ぎますが、危険を感じたときは、尾ビレを使いナント時速22キロぐらいで泳ぐことができます。ただしあまりスタミナはないようです。

以前、ジュゴンは亜熱帯地方や沖縄地方でも生息が確認されていましたが、近年に入り数が激減してしまい現在は、国際保護動物に指定されています。とても神経質な性格なため飼育している水族館も世界で3箇所のみ。日本唯一の水族館は三重県の鳥羽水族館、海外ではインドネシアのシーワールド、オーストラリアのシドニー水族館です。※他のブログなどで紹介されているシンガポールのアンダーウォーターワールドは2016年6月に閉鎖されています。ご注意ください。

日本の水族館で以前は、大分県の大分マリーンパレス水族館や国営沖縄海洋記念公園水族館や沖縄海中公園水族館で飼育に挑戦したことはありますが、いずれもかなり短命で飼育は成功しませんでした。

現在飼育している水族館は日本では鳥羽水族館のみですが、鳥羽水族館は今まで4匹のジュゴンを飼育していて、ジュン太郎のみ短命でしたが、他の3匹は飼育に成功したと言ってもいい日数を飼育しています。

鳥羽水族館で飼育したジュゴンの名前 飼育日数
ジュンコ(メス) 2,950日 1977年5月20日入館、1985年6月17日死亡
ジュン太郎(オス) 17日 1977年9月入館、17日後に死亡
ジュンイチ(オス) 11,475日 1979年9月11日入館、2011年2月10日死亡 ※以前の世界飼育日数記録
セレナ(メス) 11,476日超え 1987年4月入館 生存中 ※2018年9月15日にジュンイチの飼育日数記録更新

鳥羽水族館(東海)

現在の日本では鳥羽水族館が唯一ジュゴンを飼育している水族館です。この鳥羽水族館で飼育されているセレナは、フィリピン西部のパラワン島で保護され、1987年に当時のフィリピンのアキノ大統領から日比友好の印として推定1歳のジュゴンがプレゼントされ、その後「セレナ」と名付けられました。セレナは、保護されたときはまだ1歳ぐらいだったため、初めて人工授乳の方法を鳥羽水族館は手探り状態で模索し、ジュゴン専用の人工乳首を開発することに成功、その後は、大きな病気も怪我もなく順調に成長しました。そしてセレナは2018年に飼育期間が1万1476日となりこれは世界でもっとも長いジュゴンの飼育記録となります。ジュゴンはとても神経質で飼育が難しい生き物で、この鳥羽水族館の他にオーストラリアのシドニー水族館で飼育されているのみです。そんな世界中でも貴重な水族館で見られるジュゴンを見に行きましょう。

水族館の名前 鳥羽水族館
住所 三重県鳥羽市鳥羽3丁目3−6
ジュゴンの名前 セレナ(メス)1987年から飼育開始
  じゅんいち(オス)2011年死去

ジュゴンを見れる水族館(海外編)

日本でジュゴンが見られるのは鳥羽水族館のみですが、海外でも少なく2ヶ所のみです。でも、インドネシア、オーストラリアなので日本人の旅行先にはとても馴染みのある国々です。住んでいる場所によっては鳥羽水族館より行きやすいかも!?旅行の際は、スケジュールに組んで可愛らしいジュゴンをご鑑賞ください。

インドネシア

インドネシアは、アジアとオーストラリアの間にある島々からなる国です。ジャワ島やスマトラ島、ボルネオ島などがあり首都のジャカルタやリゾート地のバリ島やビンタン島が有名です。またあのデヴィ夫人の夫は初代インドネシア共和国の大統領です。

水族館の名前 シーワールド
場所

ジャカルタの中心街、マンガライ駅から電車で1時間、タクシーなら40分ぐらいの位置

シーワールドの周りには、オーシャン・ドリームやウォーターパーク、遊園地などがある観光地で、一日では足りないぐらい遊べます。

オーストラリア

オーストラリアは、日本から飛行機で10時間。日本人にとても人気のある観光地です。コアラやカンガルーがとても有名で、ダイビングをされるかたにはグレートバリアリーフがダイビングスポットとして知られています。

水族館の名前 シドニー水族館
場所

シドニーの中心街、レッドファーステーションから電車で20分、タクシーなら10分ぐらいの位置

シドニー水族館の周りには、あのオペラハウスやシドニー天文台、シドニー博物館などがある観光地です。

 

 

 

こんな記事も読まれています

-水族館
-,

執筆者:

関連記事

ジンベエザメがいる水族館【日本編】

世界中のアイドル、ジンベエザメとは? ジンベエザメとは、英語ではWhale shark (ホエールシャーク・直訳で鯨ザメ)とよばれ、魚類の中では最大の大きさの生き物です。勘違いしがちですが、鯨は哺乳類 …

イルカのショーがある水族館

水族館ショーの代名詞!イルカショー イルカに対して人々は、目に見えない力を持っている、癒される、賢いなど、様々なイメージを持っていますが、神秘的と思う人も多いことでしょう。 イルカを飼育している水族館 …

ミズクラゲのいる水族館

インスタ映え☆幻想的なクラゲ ミズクラゲとは? ミズクラゲ(水海月)は、鉢虫綱・旗口クラゲ目(ミズクラゲ目)・ミズクラゲ科に属するクラゲの一種です。 日本近海でも最も普通に観察できるクラゲである。傘に …

トラフザメのいる水族館

トラフザメとは? トラフザメ (虎斑鮫、学名:Stegostoma fasciatum、英名:Zebra shark)は、テンジクザメ目に属するサメの一種です。 トラフザメ科、トラフザメ属は単型であり …

クジラのいる水族館

イルカとクジラの違いは? 実はクジラは、生物学的にイルカと同じ分類の生き物です。正確に言うとクジラの中で、4mを超えないものをイルカ(ドルフィン)と読んでいます。そんなイルカも含めたクジラは、生物学的 …