ジンベエザメに会える-シャチやラッコなど水族館・動物園情報

世界中のジンベエザメに会える水族館。シャチやラッコのいる水族館・動物園情報が満載

水族館

ジュゴンのいる水族館

投稿日:2019年3月15日 更新日:

人魚のモデル?ジュゴンとは?

ジュゴンは、体長が2.5m~3mあり、とてもゆっくりしたスピードで泳ぎます。昔から人魚のモデルとして有名で、寿命は50年から70年です。ゆっくり泳ぎながら海草を好んで食べる姿は、人魚というより牛に近いです。しかもアマモなどの海草を1日で数十キロも食べるんです。実は、歯の仕組みが像などに似ていることから像の祖先とジュゴンの祖先は同じではないかとも言われています。

以前、ジュゴンは亜熱帯地方や沖縄地方でも生息が確認されていましたが、近年に入り数が激減してしまい現在は、国際保護動物に指定されています。

鳥羽水族館(東海)

現在の日本では鳥羽水族館が唯一ジュゴンを飼育している水族館です。この鳥羽水族館で飼育されているセレナは、フィリピン西部のパラワン島で保護され、1987年に当時のフィリピンのアキノ大統領から日比友好の印として推定1歳のジュゴンがプレゼントされ、その後「セレナ」と名付けられました。セレナは2018年に飼育期間が1万1476日となりこれは世界でもっとも長いジュゴンの飼育記録となります。ジュゴンはとても神経質で飼育が難しい生き物で、この鳥羽水族館の他にオーストラリアのシドニー水族館で飼育されているのみです。そんな世界中でも貴重な水族館で見られるジュゴンを見に行きましょう。

水族館の名前 鳥羽水族館
住所 三重県鳥羽市鳥羽3丁目3−6
ジュゴンの名前 セレナ(メス)1987年から飼育開始
  じゅんいち(オス)2011年死去

こんな記事も読まれています

右上

右上

-水族館
-,

執筆者:

関連記事

オワンクラゲのいる水族館

発光するクラゲオワンクラゲとは? オワンクラゲ(御椀水母、御椀海月)は、ヒドロ虫綱に属するクラゲ様の無脊椎動物です。 日本各地の沿岸で見られる。傘は碗を逆さにしたような形をしており、透明で内側の放射管 …

ナンヨウマンタのいる水族館

ダイバーの人気者!ナンヨウマンタとは? ナンヨウマンタは、学名で Mobula alfredi、英名マンタレイ(Manta ray)と呼ばれています。エイ目トビエイ科オニイトマキエイ属 に属していてエ …

マンボウのいる水族館

繊細な生き物?マンボウとは? マンボウは、フグ目マンボウ科マンボウ属に分類される魚類。 マンボウ属の魚は、2017年の時点で「マンボウ」「ウシマンボウ」「カクレマンボウ」の3種類存在することがわかって …

アザラシのいる水族館

子供に人気!アザラシとは? アザラシ(海豹)は、鰭脚類に含まれる海棲哺乳類のグループである。アザラシ科、もしくはアザラシ科アザラシ亜科に分類されます。 ここでは、日本各地のアザラシが見られる水族館をご …

エンペラーペンギンのいる水族館

水族館の皇帝?エンペラーペンギンとは? エンペラーペンギン(Aptenodytes forsteri)は、鳥綱ペンギン目ペンギン科オウサマペンギン属に分類される鳥類。現生のペンギンでは最大種で、最も南 …